img_alt  
  img_alt

   
 
img_alt
img_alt
Si邸改装
Bistro Mille Printemps
White Cube House
Art Space Basac
Sn邸 改装
House Quatre Couleur
House L- block
わだつみのこえ記念館
竹田胃腸科外科医院
鳳凰三山を望む家
放送大学文京学習センター
日本数学会事務局ビル
House Igrek
日本基督教団金沢教会
茅ヶ岳の山荘
八ヶ岳の山荘
 
 

地方に建つ小さな教会の建て替えの計画案である。
敷地形状は間口が狭く奥行きが深い。日々の教会活動をおこなう上で礼拝堂と信徒会館、牧師館の最良の配置はいかなるものか?さらに最も重要な礼拝空間はどのようなものであるべきか?礼拝はどのように行なわれるのがふさわしいか?
小規模の当教会の場合、求められる空間を解く手掛かりは原点回帰にあるのではないかと考えた。すなわち礼拝空間は初期教会にみられる主を囲む形式を採用し、壁天井により優しく囲み覆われるような空間とすること。さらに配置計画は、その原点といわれる中世の修道院にみられる優れた事例を参照することなどである。

建て替えにあたり、愛着ある古い教会の記憶として胡桃の木、葡萄の木、柿の木は、残すことを提案した。信徒のかたがたが長年にわたり大事に育てて来たものであり、当教会のシンボルであるからである。

 
  img_alt              
  img_alt img_alt img_alt img_alt img_alt  
    img_alt